文字サイズ

神戸来季新監督にクルピ氏最有力

 神戸が来季監督就任に向けて交渉しているクルピ監督
1枚拡大

 J1神戸が元C大阪監督でブラジル1部のアトレチコ・ミネイロを率いるレビー・クルピ監督(61)と来季監督就任に向けて交渉していることが6日、分かった。関係者によると、神戸は鹿島を史上初の3連覇に導いたオズワルド・オリベイラ氏(63)とも交渉していたが、コリンチャンスの次期監督候補にも挙がっている同氏から「家族の事情」を理由に断りがあったため、クルピ監督を筆頭候補に交渉を進めている。

 神戸にとってクラブ創設20周年を迎える来季は悲願の初タイトル獲得が最大の目標となっており、Jリーグでの経験が豊富な戦術家で若手育成にも実績のある人物を条件に人選を進めてきた。C大阪で3度指揮を執り、プロ2年目の香川を攻撃的MFに抜てきして才能を開花させたクルピ監督は最適の人材だ。

 ただ、アトレチコ・ミネイロはコパ・ド・ブラジルで決勝に進出しており、優勝してリベルタドーレス杯出場権獲得となればクルピ監督続投の可能性もあり、合意に向けて状況は流動的となっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス