文字サイズ

モウ監督がインテルに郷愁の念

 レアル・マドリードのモウリーニョ監督が「今でもインテルが懐かしい。あれほど幸せを与えてくれたクラブはなかった」と当時を振り返った。28日付ガゼッタ・デロ・スポルトか報じた。同監督は26日深夜、ポルトガルのテレビ局TV1の番組に出演。「今までいたクラブの中でも、インテルの居心地が一番良かった。インテルは本当の意味でのファミリーだった。チームを去る時は何度も泣いた」とインテルへの想いを口にした。そしてレアルへ移った際の経緯を「レアルは私に3度も打診してきた。友人たちにも”偉大な監督ならレアルで優勝する。お前のキャリアに足りないのはそこだろう”と言われた。ただ今でもインテルへ郷愁の念にかられる」と明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス