文字サイズ

興毅スリランカで“実業家デビュー”

 ボクシングの元世界3階級制覇王者で10月に現役引退を表明した亀田興毅氏(29)が27日、京都市内のフュチュールジムで会見し、スリランカで“実業家デビュー”することを明かした。12月19日に同国で開催される日本ジム初の興行、WBO世界女子アトム級王者・池山直(46)の3度目の防衛戦にサポート役として乗り込む。

 「抜群の知名度」と言うフュチュール・平山会長から協力を要請されて快諾。「ボクシングがあって今がある。恩返ししたい。アジアで(ボクシングを)広めるために何でもしたい」。現地で顔を売り、今後、アジアでの普及活動につなげる。

 ピンポン球よけなど亀田流育成法の“輸出”も視野に入れ、「オヤジも連れて行かなあかんか」とニヤリ。トレードマークの丸刈りは変わらず、「カリスマ!これはずっと」と亀田節も健在だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      主要ニュース

      ランキング(リング)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス