文字サイズ

亀田大毅も引退、左目網膜剥離で

 ボクシングの元世界2階級王者で「亀田3兄弟」の次男、亀田大毅(26)が左目の網膜剥離のため引退することが4日、分かった。昨年6月に発症した後に手術を受け、今年9月に再起戦で敗れた。関係者は「日常生活に支障はないが、ボクサーとして闘うのは難しい」と説明した。

 大毅は2006年にプロデビュー。07年10月の内藤大助戦で反則を重ね、日本ボクシングコミッション(JBC)から1年間の出場停止処分を科された。復帰後は2階級制覇を達成したが、13年12月の王座統一戦で敗れながらタイトルを保持した問題で、JBCが亀田ジム会長らを処分して3兄弟は日本で試合ができなくなった。

 長男の興毅氏は10月に引退を表明し、三男の和毅は米国を中心に現役を続けている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      主要ニュース

      ランキング(リング)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス