文字サイズ

辰吉丈一郎、引退興毅の功績たたえる

 ボクシングの元WBC世界バンタム級王者、辰吉丈一郎(45)が23日、都内で行われている東京国際映画祭で自身のドキュメンタリー映画「ジョーのあした-辰吉丈一郎との20年-」(来年2月公開予定)の舞台あいさつに立った。阪本順治監督(57)と登壇。「『あさってのジョー』はいつ撮るの?」と同監督に催促するなど、現役への強い思いをあらためて語った。

 舞台あいさつ後の取材で辰吉丈が、元3階級制覇王者、亀田興毅(28)の引退について初めて言及した。「本人がやめたいと思っているのだから『お疲れさん』と言うだけ。彼はハンパなく頑張ったよ」とねぎらった。

 「おやじさん(史郎氏)は息子を3人とも世界王者にすると言い、世間は笑っていた。でも見事にやってのけた。しかも(興毅は)3階級。すごいとしか言いようがない」とその功績に敬意を表した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      主要ニュース

      ランキング(リング)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス