文字サイズ

才賀紀左衛門 電光石火の1RでKO負け ダウンし起き上がれず

 KOを負けを喫し、支えられながらリングを降りる才賀紀左衛門=エディオンアリーナ大阪(撮影・吉澤敬太)
 1回、玖村修平(右)にKO負けを喫した才賀紀左衛門(撮影・吉澤敬太)
 1回、玖村修平(右)の膝を顔面に受ける才賀紀左衛門(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「K-1 WORLD GP2021JAPAN」(4日、エディオンアリーナ大阪)

 才賀紀左衛門(32)が玖村修平(25)に、右の一撃を食らい、第1ラウンドでKO負けした。

 試合は第9試合のスーパーファイト、フェザー級3分3ラウンドで行われた。

 第1Rの1分7分、右ストレートを左のこめかみ付近にくらい、崩れ落ちるようにダウン。約10秒、リングに仰向けになったまま起き上がれず。陣営が心配そうにリングに上がり才賀を取り囲み、そのまま試合が終わった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス