文字サイズ

村田諒太VSゴロフキン来春への延期が正式発表 入国禁止と感染対策強化優先のため

 ボクシングの帝拳ジムは3日、WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太(35)=帝拳=とIBF同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(39)=カザフスタン=の2団体王座統一戦を含む興行(12月29日、さいたまスーパーアリーナ)を延期すると発表した。

 帝拳ジムの公式サイトによる告知では、「来春へ延期」の見だしで伝えられている。11月30日から全世界の外国人の新規入国を原則禁止した政府の方針を受けたことと、オミクロン株の新型コロナウイルス感染症陽性者が国内でも確認されたことを踏まえた感染対策強化の優先を理由とした。

 今後は関係各位と協議の上、感染状況を見極めながら開催日時を検討するという。世界的スーパースターのゴロフキンと日本のスーパースター村田との、数十億円規模になるとみられる国内史上最大規模のビッグマッチはひとまず仕切り直しとなった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス