文字サイズ

アンカハス「統一戦が夢だった」 井岡の決断に感謝

 「WBO・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦12回戦」(12月31日、大田区総合体育館)

 ボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者・井岡一翔(32)=志成=が12月31日に東京・大田区総合体育館でIBF同級王者ジェルウィン・アンカハス(29)=フィリピン=と王座統一戦を行うことが25日、発表された。現役世界王者最多の9度防衛を誇るアンカハスは会見場にビデオメッセージを寄せ「井岡選手がこの試合を決断してくれたことに感謝している。統一戦が夢だったのでとても楽しみだ」と喜びを語った。

 井岡は「人生で一番強い」とアンカハスを評したが、9度防衛の絶対王者も「井岡選手はこの階級の王者でベスト。人柄は謙虚だがパンチ力は非常に危険だ」と警戒。日本はスパーリングで2度訪れたことがあると言い、「すばらしい国。日本人を尊敬している」と好印象を抱いている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス