文字サイズ

新日本G1 飯伏幸太が4大会連続の決勝進出「絶対逃さない」史上初の3連覇王手

 「プロレス・新日本」(18日、横浜武道館)

 G1クライマックスのAブロック最後の公式戦が行われ、勝ち点12で鷹木信悟、ザック・セイバーJr.と首位を並走していた飯伏幸太とKENTAの直接対決で飯伏が勝利。4大会連続の優勝決定戦進出を決め、史上初の3連覇へ王手をかけた。

 飯伏はKENTAの場外戦と厳しい打撃に大苦戦。そこからKENTAはイスで殴打、飯伏は場外の机に寝かせたKENTAにプランチャーを放つなど大激闘に発展する。終盤、飯伏はブサイクへのヒザ蹴りなどで追い込まれたが、後頭部へのカミゴェ、正調のカミゴェの連発で葬った。

 飯伏は「優勝するチャンスをつかむことができました。これで4度目の優勝決定戦、そして、そのチャンスをボクは絶対逃さない。3連覇してみせます」とファンに宣言。インタビューでは「こういう言葉使いたくないけど、本当に限界突破したんじゃないかと思ってますけど、まだ終わっていない」と鋭い眼光で話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス