文字サイズ

高山勝成 2階級制覇誓う「リングで思い切り暴れる」

 「ボクシング・WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ」(8日、アーリントン)

 ボクシング元世界ミニマム級4団体王者の高山勝成(37)=寝屋川石田=がエルウィン・ソト(メキシコ)戦に向け3日、伊丹空港から出発した。代理人を通じてコメントを発表し「今できるベストは尽くしてアメリカに向かいます。リングの上で思い切り暴れてタイトル奪取します」と2階級制覇を誓った。

 準備期間は3週間。減量やコロナ禍での渡米など困難も多い。中出博啓トレーナーは「感染予防を徹底してリングに上がり、WBOの世界タイトルを持って日本に帰ってきます」と力を込めた。

 高山は16年8月にWBO世界ミニマム級王座を獲得後、アマチュアに転向。しかし目標としていた東京五輪出場権を獲得できずプロに復帰した。復帰2戦目で2階級制覇に挑む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス