文字サイズ

ノアとDDTが経営を統合 目標は東京ドーム大会開催と「プロレス業界ナンバーワン」

 IT企業サイバーエージェントの子会社であるプロレス団体のノアとDDTは27日、都内で会見を開き、飲食事業会社DDTフーズを加えた3社を9月1日付で経営統合し、プロレス事業会社「株式会社CyberFight」として始動することを発表した。

 同社の社長に就任する両団体の高木三四郎社長は、新型コロナ感染拡大によるダメージが大きく、「経営統合によって会社組織を盤石にする考えに至った」と説明。3社分の管理コストを1本化、人材配置の最適化などを図るという。

 両団体は路線が異なるが、高木社長は「団体がなくなったり、今までのカラーがなくなってしまうことはございません」と強調。目標に東京ドーム大会開催と「プロレス業界ナンバーワン」を掲げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス