文字サイズ

大阪のボクシングジム、新型コロナ陽性5人に 25日の神戸興行は無観客に変更

 日本ボクシングコミッション(JBC)は21日、4人の新型コロナウイルス感染症陽性が出ている大阪府内にある日本プロボクシング協会(JPBA)加盟ジムで、新たに所属プロ選手1人がPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。

 現在閉鎖中の同ジムは17日に昨年度のクラブオーナーライセンス所持者、その後プロ2選手とアマチュア1選手の陽性が判明し、陽性は合計5人となった。

 同選手は20代の男性で14、15日にジムで練習、19日に陽性が判明し、現在は保健所からの指示待ちで自宅待機中。濃厚接触者の指定は保健所の指示待ちという。

 この日はオンライン上でJBCとJPBAの新型コロナ対策連絡協議会が開かれ、JBCの安河内剛本部事務局長は「これ以外に抗原検査の陽性者も複数でている。PCR検査を待っている選手、PCR検査を受けて結果を待っている選手もいるので、どこまでいくか分からないが、この数字を上回ってくる」との見通しを示した。

 また、この影響により、25日に有観客試合を予定していた神戸市立中央体育館での興行は無観客に変更された。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス