文字サイズ

井岡の左腕、肌色の違いに「どうした?」の声 タトゥーをペイントで隠して試合

12回、シントロンを攻める井岡一翔=大田区総合体育館(撮影・金田祐二)
3枚

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(31日、大田区総合体育館)

 王者・井岡一翔(30)=Reason大貴=が3-0(116-112×2、115-113)の判定で、同級1位・ジェイビエール・シントロン(24)=プエルトリコ=を退け、初防衛に成功した。

 黒地に紫のベルトラインを施し、8月に誕生した長男・磨永翔くんの名前を記したトランクスで試合に臨んだ井岡。左前腕部の肌が茶色がかっており、ネット上では「どうしたの?」の書き込みも見られた。

 井岡は17年大みそかに電撃引退後、左腕にタトゥーを入れた。日本ボクシングコミッション(JBC)は原則として入れ墨を禁止しており、試合を行う際は隠すように要請している。前回6月のアストン・パリクテ(フィリピン)戦でも前腕の目立つ部分はスプレーによるペイントで消して試合を行っていた。今回はより濃い色となったため、地肌との色の差が目立つかたちになった。

 なお、JBCのルールは、日本のジム所属選手に当てはめるもので、対戦相手はその限りにない。五輪2大会連続出場の挑戦者シントロンは右腕に五輪マークのタトゥーを入れていたが、そのまま試合を行った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス