文字サイズ

ヒョードル 日本最終戦でランペイジを右フック葬!「最後の試合となりました」

クイントン・ジャクソン(手前)にパンチを見舞うエメリヤーエンコ・ヒョードル=さいたまスーパーアリーナ
3枚

 「総合格闘技・ベラトールMMAジャパン」(29日、さいたまスーパーアリーナ)

 元PRIDEヘビー級王者、元リングス同級&無差別級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードル(43)=ロシア=が、「日本でのラストマッチ」と明言した一戦で元UFC世界ライトヘビー級王者の“狂犬”クイントン・ランペイジ・ジャクソン(41)=米国=を1回KOに葬った。

 ゼロ年代に世界の総合格闘技をリードしていた日本で大活躍した2人の初対決。ヒョードルは序盤からジャブを中心に攻め、3度連打を浴びせるなど優位に試合を進める。1分過ぎには払い腰がすっぽ抜けたような形から、なおも前に出てワンツー、キックを放った。2分半過ぎ、左でフェイントをかけながら右フックをランペイジの左側頭部にブチ込むとランペイジはそのまま前のめりに沈み、レフェリーが試合を止めた。

 なじみ深い日本で有終の美を飾ったヒョードルはしばらくクールな表情を崩さなかったが、勝ち名乗りを受けると笑顔。「皆さまと共に、今日この時間を過ごせたことを心からか喜んでいます。今一度日本に来ることができたこと、そして勝利を収めて、それを皆さまと分かち合えたこと、心から感謝しています。これが日本の皆さまに直接見ていただく最後の試合となりました。日本でデビューして、長いキャリアを築き上げ、皆さまと最後の試合を分かち合えたこと、何よりうれしく思います」と、最後の試合を見届けた日本のファンにメッセージを送った。

 ヒョードルは2000年にデビューし、同年、リングスに初来日。2冠を獲得した後、02年にPRIDEに移籍した。セーム・シュルト、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、藤田和之、マーク・コールマン、小川直也、ミルコ・クロコップ、マーク・ハントら名だたる強豪を連破し、PRIDEヘビー級王座に君臨。「皇帝」、あるいは人類最強という意味を込めた「60億分の1の男」といった異名をとり、ゼロ年代前半に世界をリードしていた日本の総合格闘技界で圧倒的な強さを誇った。

 PRIDE崩壊後は米国に主戦場を移し、非UFCの大物としてファイト。近年はベラトールに参戦している。今回の試合を含めたベラトールでの3試合を現役引退ロードと位置づけ、この日の試合が日本では最終戦となる。ベラトールとの契約は2試合が残っている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス