文字サイズ

岩佐亮佑11回TKOで暫定王座獲得 当日計量1回目失敗のタパレスに左ストレート

マーロン・タパレスを下し、王座復帰を果たした岩佐亮佑=ニューヨーク(ゲッティ=共同)
2枚

 「ボクシング・IBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦」(7日、ニューヨーク)

 トリプル世界戦が7日(日本時間8日)、ブルックリンのバークレイズ・センターで開催され、IBF世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦では、元王者で同級1位の岩佐亮佑(29)=セレス=が11回1分9秒TKOで元WBO世界バンタム級王者で同級3位のマーロン・タパレス(27)=フィリピン=を倒し、暫定王座を獲得した。タパレスはIBF独自ルールの当日計量で規定の10ポンド(約4・5キロ)まで認められている増量をオーバー。急きょ減量して再計量でクリアした。

 試合に先立って行われた当日計量でまさかのアクシデントが発生した。前日の公式計量を上限の122ポンド(約55・3キロ)を0・5ポンド下回り問題なくクリアした両者だけに問題ないと思われていたが、IBF独自ルールの当日計量でタパレスがまさかの体重超過となった。10ポンドまでの増量が認められているが、岩佐が129・5ポンドだったのに対し、タパレスは133・4ポンドで超過。2回目の計量で何とかクリアした。

 タパレスはWBO世界バンタム級王者時代の17年4月、大阪での大森将平(ウォズ)戦において体重超過で王座をはく奪されたことがある。再び体重コントロールでミスを犯した。

 サウスポー同士の対戦では、3回に岩佐が左ボディーを狙った際にバッティングが発生。タパレスが膝をつくと、レフェリーはカウントを数えた。タパレスは体重に苦しんだ影響もあるのか、大振りが多く、好調時の躍動感はない。「ラストチャンス」と意気込んでニューヨーク入りした岩佐は相手の強打に退かず、シャープな左ストレートを狙った。

 迎えた11回、岩佐が見事な左ストレートで正真正銘のダウンを奪う。立ち上がったタパレスがふらつき、レフェリーが試合をストップした。

 岩佐は30戦27勝(17KO)3敗。タパレスは36戦33勝(16KO)3敗。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス