文字サイズ

天龍源一郎、小脳梗塞で入院していた しゃがれ声は「病状とは関係ない」事務所発表

 プロレスラーの天龍源一郎(69)が小脳梗塞で入院していたことが9日、所属事務所から発表された。事務所によると今年4月に発症し、3度入院。現在は「目立った後遺症は現れておらず、完治はしないものの、症状は安定している」と説明している。

 所属事務所によると、4月に2度にわたり体調不良を訴えたことから検査、入院し小脳梗塞と診断されたという。主治医と相談し、症状が安定していることから定期検診、治療を継続し「今後も出来うる限りファンの皆様方とのひとときを少しでも多く過ごして参りたいと考えております」とし、今後もこれまで通りの活動をしていくとした。

 また、トレードマークのしゃがれ声や滑舌については「こちらに関しましては病状とは関係ございませんので、今後ともお茶の間の皆様にはハスキーボイス=天龍源一郎で、遠慮なさらずに大いに笑い、お楽しみ頂けましたら、それが何よりの本人の望み」と説明している。

 天龍は「この度は私事でご心配をおかけすることになりましたが、身体一つで69歳までやってこられるほどにタフに生んでくれた親にまず感謝しています」「これからも変わらずに心配なく、楽しくやっていただけたらそれが一番だと思っています」などのコメントを発表。そして病を抱える人たちへ「いろいろな病と闘う方々、それを支える方々、日々懸命に過ごしている方々も、皆さんそれぞれに毎日きっと一生懸命に過ごしていることだと思います。その皆さんと一緒になって戦い、笑いあい、そういうことを大事にしていけたらと、この病気を機に改めて考えさせられました」ともつづっている。

 最後には「これからも残りの人生を『天龍はしぶといナ』と言われるほどに十二分に謳歌(おうか)していきたいと思います。天龍源一郎は今日も元気です!」と締めくくっている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス