文字サイズ

兄・亮明は田中恒成V2戦に厳しめ「ギアを上げなかったら危ない試合」

 7回、ジョナサン・ゴンサレス(右)からダウンを奪った田中恒成=武田テバオーシャンアリーナ
2枚

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

 王者・田中恒成(24)=畑中=が合計4度のダウンを奪い、7回2分49秒TKOで同級1位のジョナサン・ゴンサレス(28)=プエルトリコ=を退け、2度目の防衛に成功した。

 田中の兄でアマチュアボクサーの亮明(25)=中京学院大中京高教=は、弟の逆転勝利に厳しめの言葉を送った。「アイツがギアを上げなかったら危ない試合になった。上げたらついて来れないので、早い段階から上げていかないと怖い」と指摘。6回までの採点では1人がドロー、2人は挑戦者有利と付けていた。

 それでも、「毎回思うんですけど、勝ってくれてよかった」と、東京五輪を目指す自身が出場する11月の全日本選手権へ刺激を受けていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス