文字サイズ

田中恒成をWBO会長絶賛 デラホーヤ、アルセ、コットの名を挙げ「彼らに並ぶ」

計量を一発クリアした田中恒成(右から2人目)とジョナサン・ゴンサレス(左から2人目)=名古屋市内
2枚

 「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

 調印式と前日計量が23日、名古屋市内で行われ、2度目の防衛戦に臨む田中恒成(24)=畑中=が50・8キロ、挑戦者の同級1位ジョナサン・ゴンサレス(28)=プエルトリコ=が50・8キロとともにリミットで一発クリアした。

 記者会見で田中は「課題持って取り組んできた。十分にいい練習ができたと感じている」とリラックスした表情。スピード対決が予想されているが「スピードを生かすための距離感だったり主導権だったりパワーだったりと、結局は総合力になると思う」と分析した。

 この日はWBOのフランシスコ・バルカルセル会長が初めて会見に出席した。同団体で3階級を制覇した田中について、自ら6階級制覇のオスカー・デラホーヤ、5階級制覇のホルヘ・アルセ、4階級制覇のミゲル・コット、3階級制覇のフェルナンド・モンティエルらWBOの過去の名王者の名前を挙げ「彼らに並ぶ選手」と絶賛。「WBOで3階級を制覇することは誰でもできるものではない。このレベルの選手の名前を挙げたのは、田中選手のボクサーとしての質の高さを言いたかった」と説明した。

 WBO本拠地プエルトリコ出身の同会長は、自国の挑戦者についても「五輪にも出ているし、ハングリーな選手」とアピール。「質のよい選手同士でいい試合になる」と予想していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス