文字サイズ

ボクシング元4階級王者が事故死米ウィテカー氏、55歳

 【ニューヨーク共同】ボクシングで4階級制覇を達成したパーネル・ウィテカー氏(米国)が14日夜に米バージニア州で交通事故に遭い死亡したと、スポーツ専門局ESPN(電子版)が15日、報じた。交差点を横断中に車にひかれたという。55歳だった。

 1984年ロサンゼルス五輪ライト級で金メダルを獲得し、プロに転向。フットワークとディフェンスの技術に優れ、80年代後半から90年代にかけて活躍した。ライト級からスーパーウエルター級までの4階級で王者に輝き、2006年には国際ボクシング殿堂入りを果たした。(共同)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス