文字サイズ

判定負けの亀田和毅 リング上で再起宣言 スペイン語で「再び世界王者に」

 「ボクシング・WBC世界スーパーバンタム級王座統一戦」(13日、カーソン)

 WBC世界スーパーバンタム級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米国カリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツ・パークでのメインイベントとして開催され、暫定王者・亀田和毅(28)=協栄=は0-3(110-117×3)の判定で正規王者レイ・バルガス(28)=メキシコ=に敗れ、王座統一に失敗した。バルガスは6度目の防衛に成功した。

 両者決め手を欠く中、最終回にブレーク時の加撃で和毅に減点1が科せられた。終了ゴングとともにコーナーポストに駆け上がり勝利をアピールするバルガスに対し、和毅はバルガスと抱き合って健闘をたたえ合うと、リング四方の観客に頭を下げてあいさつした。

 父・史郎氏らセコンド陣から「あきらめるな」「勝ってる」などの声が飛んだが、読み上げられた採点は3者とも7ポイント差でバルガス。王座統一はかなわなかった。

 初回から前には出たが、距離を詰めた場面で有効打を打ち込むことができなかった。逆にバルガスの長いジャブ、手数にポイントは流れた。

 リング上のインタビューで、バルガスは来場したWBA、IBF世界同級王者のダニエル・ローマン(米国)に対戦を呼びかけた。しかし判定続きのファイトにはメキシコ人が大半を占めた会場からブーイングも飛んだ。

 一方で敗れた和毅には健闘をたたえる声援も。和毅はスペイン語でインタビューに応じ「メキシコのみなさんありがとう」と感謝を示し、「この敗戦を経験に再び世界王者になります」と再起を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス