文字サイズ

ボクシング拳四朗 恒例の高級焼肉弁当は7万円「うわー、口の温度で溶けちゃう」

7万円相当の高級焼き肉弁当
2枚

 「ボクシング・ダブル世界戦」(12日、エディオンアリーナ大阪)

 前日計量が11日、大阪市内のホテルで行われ、WBC世界ライトフライ級タイトルマッチでは、6度目の防衛を狙う王者の拳四朗(27)=BMB=が制限体重(48・9キロ)から100グラムアンダーの48・8キロ、挑戦者で同級1位のジョナサン・タコニン(32)=フィリピン=は制限体重の48・9キロでそれぞれ1回目でパスした。

 計量を終えた拳四朗は恒例となった高級焼き肉弁当をほおばった。今回の弁当は大阪府堺市に店を構える、3カ月先まで予約の詰まった名店「生ホルモン処 おさむちゃん。」の店主、内山長務(おさむ=59)さんが差し入れた7万円相当の一品。魚沼産コシヒカリの特別栽培米一升(1.5kg)の上に、鹿児島産黒毛和牛のサーロインと宮崎牛イチボのローストビーフがびっしりと敷き詰められていた。鳳本通商店街の精肉店「肉のにしだ」から仕入れたという肉は、いずれも最上級の「A5-12」だった。

 拳四朗は「うわー」と感嘆の声を上げ、食べる前から「もう、おいしい」とテンションは最高潮。ローストビーフを口に入れると「口の温度で溶けちゃう。幸せにあふれてます。減量を頑張ってよかった」と、満面の笑みを浮かべた。約10キロの減量を振り返り「今回はうまくいった」と納得の表情。体重が順調に落ちたことで練習日も通常より1日少なく済んだといい「元気です」と力強かった。

 高級焼き肉の後は、大阪高島屋で購入したというスイーツブランド「グッドモーニングテーブル」の生クリームバーガーを食べ、この日発売された環境配慮型容器を使用したミネラルウォーター「JUST WATER(ジャストウォーター)」を飲み干した。6度目の防衛戦に向けて「当ててよけて、相手のメンタルを削って倒しにいく。流れ次第ですが8ラウンドくらいでいければ」とKO宣言で締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス