文字サイズ

村田諒太 ブラントとのリマッチで日本MGMが公式スポンサーに

 挑戦者の村田諒太(左)とチャンピオンのロブ・ブラント=ホテル日航大阪(撮影・高石航平)
 会見中に笑顔を見せる村田諒太=ホテル日航大阪(撮影・高石航平)
会見に臨んだ日本人選手のツーショット。左から村田諒太、拳四朗=ホテル日航大阪・鶴の間(撮影・高石航平)
3枚3枚

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(12日、エディオンアリーナ大阪)

 ダブル世界戦の会見が10日、大阪市内のホテルで行われ、出場4選手が必勝を誓った。王座奪還を目指す挑戦者でWBA世界ミドル級4位の村田諒太(33)=帝拳=は初の大阪での世界戦に、「関西弁で応援されることが多くなると思います。関西のヤジというのはタイガースを見てもすごいものがあるので、ヤジられないようにしたいです」と話し、2日後に迫ったWBA世界ミドル級王者ロブ・ブラント(28)=米国=との再戦へ向け、自信を示した。

 米エンターテインメント大手のMGMリゾーツ・インターナショナル(MGM)の日本法人である日本MGMリゾーツ(日本MGM)がこの試合の公式スポンサーに決定した。

 村田は昨年、日本人として初めてMGMとのスポンサー契約を締結。同年10月にラスベガスのパークシアターで開催されたブラントとの第1戦を実現させた。再戦にあたり日本MGMがスポンサーとして村田を後押しする。当日はリングと村田のウエアにMGMのロゴが掲出される予定となっている。

 日本MGMは、日本での統合型リゾート市場の進出を目指しているMGMが日本法人として14年12月に設立。日本初のIRを大阪で運営する「大阪ファースト」の方針を宣言して活動している。

 日本MGMのジェイソン・ハイランド社長は「村田諒太選手を昨年10月にラスベガスにお招きした際、MGMリゾーツの新しいエンターテインメント施設であるパークシアターでの防衛戦で、全身全霊で戦う彼の姿に大きく心を揺り動かされた多くのファンの皆様のために、大阪でのリマッチをサポートできることは、日本MGMリゾーツにとって大変光栄なことであります。困難に屈することなく努力を続け、更なる高みを目指す村田諒太選手は、日本が誇る世界屈指のアスリートです。ぜひ大阪の試合でわたしたちと一緒に村田選手を応援してください!」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス