文字サイズ

田中恒成 井岡の圧巻TKO称賛「パリクテ優位に進んでいる中で…」対戦には…

 観戦に訪れた田中恒成(撮影・堀内翔)
3枚

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級王座決定戦」(19日、幕張メッセ)

 トリプル世界戦が幕張メッセ・幕張イベントホールで開催され、メインイベントのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦では、元世界3階級王者で同級2位・井岡一翔(30)=Reason大貴=が、同級1位アストン・パリクテ(28)=フィリピン=に10回1分46秒TKO勝利。17年4月以来、2年2カ月ぶりとなる国内リング復帰戦で、日本初の4階級制覇を達成した。

 リングサイドでは、3階級制覇を果たしているWBO世界フライ級王者・田中恒成(畑中)が観戦した。「パリクテ優位に進んでいる中で、ワンチャンスを逃さなかった。KOになるとは正直思わなかった。技術が高いのは当たり前だけど、こういうすごい大切な試合を強い選手を相手にKOで勝つというのは、ボクサーとしてすごい」と、舌を巻いた。

 自身の4階級制覇に向けて、ターゲットとして井岡の名前を挙げている。ただ、この日は「それは階級上げた時の話なので。純粋に今日は強い選手2人の試合を見にきただけ」と、話すに止めた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス