文字サイズ

井岡がTKOで偉業…直後にTBS遊び心 十年来友人のTKO木下映る「ほんまに興奮」

 日本人初の4階級制覇を達成し、絶叫する井岡(撮影・出月俊成)
 4階級制覇を成し遂げて喜びを語る井岡(撮影・堀内翔)
 1回、パリクテを攻める井岡(撮影・出月俊成)
3枚3枚

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級王座決定戦」(19日、幕張メッセ)

 トリプル世界戦が幕張メッセ・幕張イベントホールで開催され、メインイベントでは世界3階級王者で同級2位・井岡一翔(30)=Reason大貴=が、同級1位アストン・パリクテ(28)=フィリピン=に10回1分46秒TKO勝ちした。17年4月以来、2年2カ月ぶりとなる国内リング復帰戦で、日本初の4階級制覇を達成した。この偉業の直後、中継を担当したTBSがちょっとした遊び心を見せた。

 井岡のTKOの瞬間に、リングサイドで大喜びで立ち上がるお笑いコンビ・TKOの木下隆行が映し出され、インターネット上でも話題となった。

 実は井岡の十年来の友人というTKO木下は「ほんまに興奮しました。毎回見に来ているけど、大みそかの試合で悔しい思いをした中で、その悔しさをぶつけた。4階級制覇ですよ。すごい。想像のつかないところにいってしまった」と、大興奮。リングを降りた井岡に「かずと!かずと!」と呼びかけ、がっちり喜びを分かち合った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス