文字サイズ

石森組が王座奪取!試合後ファンタズモに田口がアピール

 新王者になったエル・ファンタズモ(左)と石森太二
1枚拡大

 「プロレス・新日本」(16日、後楽園ホール)

 IWGPジュニアタッグ選手権試合が行われ、挑戦者のエル・ファンタズモ、石森太二組が王者のYOH、SHO組から王座を奪取した。終盤にレフェリーを巧みに失神させると、ベルトでの殴打、急所攻撃などで追い込み、最後は石森のサイファーウタキからファンタズモがCR2でYOHを葬った。

 新王者組は試合後も暴行を続けると、25日にファンタズモのブリティッシュクルーザー級王座に挑戦する田口隆祐がYOH、SHOを救出。ファンタズモの挑発を軽くあしらった田口は「ベルトを獲って、尻の1つや2つくれてやる覚悟で頑張ります」と誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス