文字サイズ

亀田興毅氏 那須川戦会見で独壇場「言うても俺もおっちゃん」

AbemaTV3周年記念1000万円シリーズスペシャルマッチに向けてポーズを決める那須川天心(左)と亀田興毅=(撮影・堀内翔)
3枚

 キックボクサーの那須川天心(20)と、ボクシングの元世界3階級王者・亀田興毅氏(32)が21日、都内での「AbemaTV3周年記念 1000万円シリーズスペシャルマッチ那須川天心VS亀田興毅」の記者会見に出席した。両者の対戦は6月22日、午後7時からAbemaTVで生配信される。

 興毅氏は現役時代さながらに、サングラスをかけて登場。しかし、席につくと柔和な語り口で、那須川が昨年大みそかにフロイド・メイウェザーと対戦したことについて語った。「階級も上のチャンピオンに挑んで。ホンマにすごいなと。おれがメイウェザーとやったらと考えたら、それなりの自信があるじゃないですか。聞いてください」と司会者に目配せ。どんな自信があったかと聞かせ、「さすがに俺も1ラウンドにKOされます」と頭を下げて、場を和ませた。

 那須川は「若いころの亀田選手を見ていたので、すごいいろいろ言われるのかなと思ったんですけど」と格闘技界の後輩らしく恐縮。これにも興毅氏は「天心くん!言うても俺もおっちゃんやで。天心くんぐらいの年齢やったらな、イケイケやったけど」と気さくに応じていた。

 2年前に興毅氏が行った「1000万円シリーズ」の企画では那須川も挑戦者として応募をしていたが、年齢の要項を満たしておらず断念した経緯があるという。那須川は「リスクを背負って倒しにいく戦い以外ないと思います」とKO宣言。興毅氏も「(相手は)2、3階級上の話やからね。だから、ちょっと保険をかけとこうかな」と“いなし”ながらも、「まあ、でも倒しにいって1000万円。そりゃあまあ、ルールで一応あるわけやから。1000万円って。そりゃもらいにいかないとね。目の前に1000万ぶらさがっているわけやから」とひょうひょうと語った。最後には、「未来ある若人にボクシングの厳しさというものを教えたろうかな」と締めた。

 2人は「勝ったら1000万円」と呼ばれるAbemaTVの名物企画をそれぞれ行ったことがある。興毅は17年に同シリーズ第1弾としてリングにたち話題になった。那須川は5月18日にボクシングジム経営の藤崎美樹さん、元ボクシングWBAスーパーフライ級世界王者のテーパリット・ジョウジムと対戦し、KOを許さず1000万円を守った。

 今回の対戦では、興毅氏が挑戦者という位置づけ。興毅氏が那須川をKOした場合のみ1000万円の賞金を手にする。KOできずに試合時間が終了した場合は、1000万円の賞金は獲得できない。また、那須川は興毅氏をKOしても1000万円の賞金はない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス