文字サイズ

「那須川天心VS亀田興毅」夢の対決実現へ 6・22AbemaTVで中継

 6月22日に対戦することが発表された那須川天心(左)と亀田興毅氏
1枚拡大

 キックボクシングのRISE世界フェザー級王者・那須川天心(20)=TARGET=が18日、AbemaTVによる企画「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」で挑戦者2人を退けた。試合後、那須川はボクシング元世界3階級王者の亀田興毅氏(32)と6月22日に対戦することを発表した。

 那須川に挑戦したのはトーナメントを勝ち抜き挑戦権を得た同大ボクシング部出身で現在アマチュアジム会長の藤崎美樹(29)と、敗者復活枠で選ばれた元WBA世界スーパーフライ級王者のテーパリット・ゴーキャットジム(30)=タイ=の2人。ヘッドギアあり、2分3ラウンド、判定なしのKO決着のみという特別ルールで行われた試合で、那須川は両者にKOを許さず、1000万円獲得を阻止した。

 2連勝後、インタビューで今後もやりたいかと問われた那須川は「皆さん見たいですよね。やりたいですね」と再度の開催を望んだ。そして超重大発表として亀田氏と対戦することが発表された。

 那須川は「さっき聞いた話。びっくりしました」と驚きを隠さなかったが、「話題になりますよね。めちゃくちゃ盛り上げて最終的には倒す」と気合を込めた。亀田氏は収録したVTRで「ボクシング教えたろうか。やってきたところが違う」などと余裕を漂わせた。

 亀田氏は1日に同局で中継された那須川への挑戦者を決めるトーナメントを視聴後、自身のインスタグラムに「元ボクサーとして感想を言いたい」と長文を投稿。「少なくとも自分だったら元チャンピオンとして恥ずかしくない状態には仕上げてリングに上がる」などと出場者のパフォーマンスに苦言を呈すとともに、公式戦とは異なる企画のあり方など持論を展開した。そして「俺が天心選手とやってたら良かったな…笑」などとも記したため、対戦を望む声がネット上には殺到していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス