文字サイズ

久保隼 2階級制覇へ仕上がり自信 自然体で王座奪取に挑む

 世界戦に向け、練習を公開した久保隼(右)
1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界フェザー級タイトルマッチ」(26日、撫州)

 2階級制覇を目指す同級10位で前WBA世界スーパーバンタム級王者の久保隼(29)=真正=が15日、神戸市内の所属ジムで練習を公開し、「力強さが前よりついた」と仕上がりに自信を示した。

 ミット打ちを中心に計12ラウンドをこなし、力強い打撃音を響かせた。山下会長も「総合的にレベルアップしている。これまでで一番いい感じに仕上がっている」と手応えをにじませた。

 王者の徐燦(中国)について、久保は「気持ちの強い選手。ボクシングでも気持ちでも負けないようにしたい」と印象を語った。昨秋の右目負傷を乗り越えての世界戦。「いい時も悪い時もあった。それも踏まえて、いい状態で迎えられる」と、自然体で王座奪取に挑む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス