文字サイズ

黒田雅之「優しそうな目」の王者ぶん殴る!IBF世界フライ級戦予備検診

 「ボクシング・IBF世界フライ級タイトルマッチ」(13日、後楽園ホール)

 予備検診が11日、都内のJBCで行われ、王者モルティ・ムザラネ(36)=南アフリカ=と挑戦者の同級4位・黒田雅之(32)=川崎新田=はともに異常なしと診断された。

 世界戦は約6年ぶり2度目の黒田。ムザラネと対面した印象について「前から思っていたんですけど、優しそうな目をしている」と笑みを浮かべたが、「チャンピオンというのは人間的にも優れているものと思う。そういう意味ではムザラネ選手にもチャンピオンの風格を感じましたし、安心して月曜日(13日)はぶん殴れる」と、闘争心への影響はないことを強調した。

 身長は167・5センチでムザラネより8センチ上回ったが、「ボクはこの階級では背が高い方なので、変わらない。いつも通り」と意識せず。視力は左右とも1・5で前回の世界戦と変わらなかったが、胸囲は84センチから3センチ減少。「6年間やってきて視力が落ちていないのはよかった。胸囲がしぼんだのは、おじさんになってしまったのかな」と自嘲しながらも、「後半ぶれなくなったというのがある。精神的な物も大きいと思うんですけど、フィジカル的には落ちていない。ちょっと上がっている」と、フィジカル面の向上に手応えを感じていた。

 黒田の前に取材に応じたムザラネが開口一番「KOしたい」と宣言したことには「試合をする者として当たり前のこと。ボクもKOで倒したい」と応戦。所属ジムの新田渉世会長は「(ムザラネの)マネジャーは『いいホテルを用意してくれてありがとう』と言っていた。ベルトも置いていってくれたらいいんですけど」とジョークを飛ばした。

 一方のムザラネも身長差について「背の高い相手の方がやりやすい」と歓迎。また、トレーナーは「南アフリカではこんなにメディアが集まることはない。日本に来れて光栄だ」と殊勝な言葉を口にした後、「まあ、彼(ムザラネ)が勝つんだけどね」と不敵な笑みを浮かべた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス