文字サイズ

八重樫2回TKOで3連勝!4階級制覇へ弾み 今後は…大橋会長「こだわらない」

 世界前哨戦を制した八重樫
2枚

 「ボクシング・10回戦」(8日、後楽園ホール)

 元世界3階級制覇王者の八重樫東(36)=大橋=が4階級制覇への前哨戦を2回TKOで制し、3連勝を飾った。スーパーフライ級8位のサハパープ・ブンオップ(タイ)を素早い出入りで圧倒。2回に右ストレート、右アッパー、左アッパーで3度のダウンを奪って仕留めた。

 WBC同級王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)への挑戦が2度も立ち消えになるなど8カ月ぶりの試合だったが圧勝。「やりたいことがたくさんあったんですけど、ボクシング人生を続けられるのはうれしい」と照れ笑いした。

 今後についてジムの大橋秀行会長は「こだわらない」と話しながらも、八重樫に敗れた後に著しく評価を高めたシーサケットについて、「向こうも納得いかないみたい。何回も(話が)来ている」と明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス