文字サイズ

ムタのサプライズ登場にMSG熱狂!ライガーと“一騎打ち”

 「プロレス・新日本」(6日、ニューヨーク)

 新日本プロレスの米国大会が6日(日本時間7日)、ニューヨークのマジソンスクエアガーデン(MSG)で開催された。

 第0試合の31人参加1分時間差バトルロイヤルで、武藤敬司の化身グレート・ムタがサプライズのMSG初登場を果たした。ムタは1年前から欠場し、この大会前にニューヨークで行われた米HOGの大会で復帰したばかり。米国でも大活躍したレジェンドが最後の31人目に登場すると、ニューヨークのファンは大喜びした。

 最後は獣神サンダー・ライガーと2人残りとなり、レジェンド対決にファンはさらに興奮。ムタはおなじみのドラゴンスクリュー、フラッシングエルボーを披露してやんやの喝采を浴びる。

 だが、失格になったふりをして姿を消していたケニー・キングが突如リングに登場。あっという間にライガーとムタをオーバーザトップロープで失格させ、まんまと優勝をさらっていった。

 ムタの怒りは収まらず、観衆の大ブーイングを浴びるキングに毒霧を噴射して溜飲を下げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス