文字サイズ

新日本・ライガー、来年1月の引退を発表「これ以上の伸びしろはない」復帰は否定

石森太二(下)を攻める獣神サンダー・ライガー=6日
1枚拡大

 新日本プロレスの獣神サンダー・ライガーが7日、都内で会見を開き、来年1月4、5日に開催される東京ドーム大会で現役引退することを発表した。

 平成元年である89年4月の初登場から30年、“ジュニアの象徴”とたたえられるレジェンドレスラーのライガーは、6日に行われたIWGPジュニアヘビー級選手権試合で王者の石森太二に敗れた後に現役引退を示唆。この日はスーツ姿で会見に現れると、「獣神サンダー・ライガーは来年1月の東京ドーム大会で引退します」と明言した。

 引退を決断した理由を、「あの試合(石森戦)を通して、今まで培ってきたテクニックは生かせると思うけど、これ以上の伸びしろはないと感じました。ぶっちゃけ、ベルトを獲っても引退しようと考えていました」と説明。「ボクの中で美学がありまして、『まだやってたの』と言われてやめるより、『まだできるのに、なんでやめるの』と言われてやめていった方が、レスラーらしい。ボクの中では、プロレスラーは強くなきゃいけない。ちょっとそことズレが出てきた」とのこだわりを語った。

 初登場の舞台だった東京ドームが最後の舞台となることには、「会社から言われて、ウソーって」とビックリ。過去に東京ドームで引退試合を行ったプロレスラーはアントニオ猪木と長州力のみで、「3人目か。でも(長州は)復帰してるもん。オレは(復帰は)ないから。そういう意味では本当に引退。東京ドームで平成元年にデビューして、平成が終わるとともに引退。かっこよくね」と、喜びながらも復帰を強く否定した。

 やり残したことは「ない」という。「好きなことやらせていただきましたので。ファンのみなさまにも支持していただいて、こんな幸せなプロレス人生はないんじゃないかと感じています」と満足感をにじませた。

 引退までの10カ月は「引退ツアーではないですけど、回れる限りの所を回って、みなさんに見ていただければ。日本の隅々まで行きたい」という。日本だけでなく海外でも高い知名度があり、今月は約1週間、アイルランドへ遠征する。「海外も決まっているとこがありますし、日本の中でも決まっているところがある。ウチの団体じゃないところに集まるみなさまもいる。そういう方にもライガーを見てもらいたい」と、他団体参戦にも意欲を示した。

 また、戦いたい相手を問われると、「ないですね」と返答。「プロレスを楽しみたい。相手が誰であれ楽しみ。逆に、やりたいよと言う人がいたら手を上げて欲しいですね」と呼びかけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス