文字サイズ

井上尚弥、ロドリゲスは「オーラない」 WBSS準決勝5・18英グラスゴー決定

 WBSS準決勝の日程が決まり、自信に満ちた表情を見せる井上尚弥
1枚拡大

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25)=大橋=が16日、横浜市内の所属ジムで、「最強決定トーナメント」ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の準決勝(5月18日・英グラスゴー)に向け、記者会見した。王座統一を懸け、IBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26)=プエルトリコ=と対戦する井上尚は、以前対面したとき「目をそらしかけたりして『こいつヤバい』というオーラがなかった」と自信をうかがわせた。

 試合日程と場所が決まったばかり。だが、井上尚は早くも対戦相手をのんでいた。

 「技術がすごい選手。日本人にない角度のアッパーやフックがある。ただ、相対した時に気持ちの弱さを感じました。目をそらしかけたりして『こいつヤバい』というオーラがなかった」

 対面したのは昨年10月、米フロリダ州。勝者との対戦が決まっていたWBSS1回戦を視察に訪れ、ロドリゲスが判定勝ちした後にリング上へ招かれて至近距離で顔を合わせた。ロドリゲスは試合直後の戦闘モードだったが、それでも気持ちは「モンスター」井上尚が上だった。

 もちろん油断しているわけではない。「お互い距離感が同じ。技術戦で一方的な試合にはならないと思う。秒殺?そんなイメージは毎回してないです」。昨年は2試合連続の初回KO勝ちで全世界に衝撃を与えたが、早期決着にこだわらず統一戦を制すつもりだ。

 日程決定には二転三転があった。WBSSの財政問題によるもので「最初は2月という話が3月、4月…。コロコロ変わって大変だった」と、大橋会長は明かす。

 決定を誰よりも待っていたのが最強を証明したい井上尚だった。「ホッとした。またWBSSの舞台でできてワクワクしている。準決勝、決勝、勝つことだけ考えます」。日本のモンスターはロドリゲスの次、決勝も見据えて英国に乗り込む。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス