文字サイズ

棚橋IWGPヘビー級王者陥落 ジェイ・ホワイト史上3位年少V

 棚橋弘至(右)をマットに叩きつけるジェイ・ホワイト(撮影・佐藤厚)
1枚拡大

 「プロレス・新日本」(11日、エディオンアリーナ大阪)

 復活政権は38日で終わった。1月4日に約4年ぶりのIWGPヘビー級王座返り咲きを果たした棚橋弘至が、ジェイ・ホワイトとの初防衛戦で敗北。7年前に“レインメーカー・ショック”と呼ばれるオカダ・カズチカの同王座初戴冠を許した大阪で、今度は“スイッチブレード(ホワイトの異名)・ショック”を演出してしまった。

 棚橋は古傷の右膝集中攻撃や外道の介入に苦しみながらも、場外へのハイフライフロー(HFF)、スタイルズクラッシュなどを繰り出して奮戦。だが最後はHFFを捕獲され、逆転のブレードランナーで仕留められた。試合後は倒れ込み、「もう無理」と話すのが精いっぱいだった。

 ホワイトは初挑戦で中邑真輔の23歳、オカダの24歳に続く史上3位26歳での年少戴冠。静まりかえる場内で「オレはみんなが疑ったことをすべてやってのけた。真のチャンピオンだ。新時代へようこそ」とアピールした。

 初防衛戦は4月6日の米マジソンスクエアガーデン(MSG)大会になることも考えられる。インタビューでは「MSGという言葉が答えなんじゃないか。それまで防衛戦をするつもりはないから」と先を見据えた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス