文字サイズ

井上尚弥、満票MVP 文句なし!衝撃の2連続初回KO 次戦は4月か5月に海外で

 最優秀選手賞を受賞した井上尚弥(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 ボクシングの2018年度年間優秀選手表彰式が8日、都内で行われ、プロ男子の最優秀選手賞(MVP)にWBA世界バンタム級王者の井上尚弥(25)=大橋=が満票で選ばれた。4年ぶり2度目の受賞で、3年ぶり3度目のKO賞にも輝いた。テレビ出演も急増するなど知名度を高めている尚弥は日本ボクシング界をけん引し、人気を活性化させると誓った。所属ジムの大橋秀行会長は、尚弥の次戦が4月か5月に米国か英国で行われることが近日中に決まる見通しを明かした。

 自他共に認める文句なしの受賞だ。井上は3階級制覇を達成したジェイミー・マクドネル(英国)戦(18年5月25日)と、世界最強決定トーナメントのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)1回戦のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦(同10月7日)をともに1回KOで圧勝したことが評価された。

 満票でのMVPに「今年獲れなきゃいつ獲れんだって話ですよね。反省のない試合だったのでよかったです」と笑みを浮かべた。

 衝撃的な勝利の反響は「大きかった」という。昨年大みそかには日本テレビ系の人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!」に出演するなど露出が急増。ボクシングの顔と言える存在となったことを自覚し、受賞スピーチでは「興味のない方にも見てもらえるように、ボクシングの活性化につながるように頑張っていきます」と宣言した。

 次戦はWBSS準決勝でIBF同級王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)との王座統一戦が決定済み。日程と開催地は未定だったが、この日、大橋会長は4月か5月に英国か米国で行われるとの連絡が入ったと明らかにし、「海外は間違いない。近日中に決まる」と説明した。

 井上は「準備も着々と進んでいる」と抜かりなし。「日本のボクシング界が盛り上がると思うのでまずは優勝ですね」と、準決勝、決勝での勝利を今年の目標を掲げた。日本は“モンスター”が引っ張る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス