文字サイズ

井岡に完敗のアローヨ「彼は自分がどれほどいい選手なのかを証明した」

激闘の復帰戦を振り返る井岡(撮影・小林信行)
1枚拡大

 「ボクシング・WBCシルバー・スーパーフライ級タイトルマッチ」(8日、イングルウッド)

 現役復帰した元世界3階級制覇王者の井岡一翔(29)=SANKYO=が8日(日本時間9日)に米カリフォルニア州イングルウッドのザ・フォーラムで開催された興行「スーパーフライ3」で復帰戦に臨み、3回にダウンを奪うなど3-0(97-92×2、99-90)の判定で、王者マクウィリアムズ・アローヨ(32)=プエルトリコ=に完勝した。

 敗れたアローヨは試合後、主催者を通じてコメントを出し、勝者をたたえた。「厳しい戦いだったし、差はほとんど感じなかった。実際に戦ってみて彼がいい選手だということが分かったし、彼は自分がどれほどいい選手なのかを証明した」。3回終盤に井岡のワンツーでダウンを奪われ、大差の判定負けとなった。

 今年2月の「スーパーフライ2」では元WBC世界同級王者のカルロス・クアドラス(メキシコ)に判定勝ちするなど紛れもないこの階級のトップ選手の一人。米国のファンの前でアローヨに完勝したことで、井岡はスーパーフライ級で4階級制覇を狙える力があることを世界中にアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス