文字サイズ

“元祖アイドルレスラー”井上貴子10・2に30周年興行開催!「周年はこれが最後」

30周年マッチで神取忍(右)と共闘する井上貴子
1枚拡大

 女子プロレスLLPW-Xの井上貴子(48)が10日、都内のホテルで会見し「デビュー30周年記念イベント」(10月2日・東京ドームシティホール)の開催を発表した。

 記念マッチは井上京子(同期)、堀田祐美子(現在保持するWWWDタッグ王座のパートーナー)、神取忍(LLPW-X社長)と共闘して中森華子、雪妃真矢、安納サオリ、希月あおいの新世代カルテットと対戦する。

 「周年興行はこれが最後になると思う。31、32年とプロレスをずっと好きでやっていくには、自分の好きなものだけを集めて組んでみたいと思ったらこのカードになった。一生懸命、頑張りたい」と意気込んだ。同大会ではミュージシャンとのコラボも計画中で、後日発表される。

 88年10月に全日本女子でデビュー。対抗戦時代に突入した93年から台頭し、96年にはあこがれのミミ萩原(84年引退)が保持したオールパシフィック王座を手中にした。

 “元祖アイドル”として後輩からもリスペクトされる独自のポジションを確立。48歳となった今も体をシェープアップし、大会のテーマでもある「女は輝く!己を磨く!」を実践してきた。今後の目標にも触れ「新しい芽は欲しいと思うし、そういう(育てる)立場にもならないといけない」と、意欲を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス