文字サイズ

川田「プロレス人生の母」馬場元子さんの死悼む 選手大量離脱時に全日本残留選ぶ

 全日本プロレスは23日、故ジャイアント馬場さん(享年61)の夫人で元社長の馬場元子さんが14日に肝硬変で死去したと発表した。78歳。19日に通夜、20日に告別式が親族のみで執り行われた。関係者によると、元子さんは肝臓を悪くして17年6月に入院。一時は回復したものの、14日に容体が急変し、都内の施設で息を引き取ったという。

 00年のノア大量離脱の際、全日本残留を選んだ川田利明はツイッターで元子さんの死を悼んだ。「自分にとってプロレス人生の父が馬場さんで母は元子さんでした 馬場さんの時もそうでしたが病んでる姿を誰にも見せたくない 誰にも知られたくない 最後まで元子さんらしいです」

 全日本最大の苦境で、一緒に踏ん張り続けた故人へ「長い間お世話になりありがとうございました ご冥福をお祈りいたします」とあふれる思いをつづった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス