文字サイズ

村田諒太、圧勝の王者・井上尚弥に驚嘆「天賦の才」

カメラに向かいファイティングポーズをとる村田諒太=横浜文化体育館(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 「ボクシング・WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(30日、横浜文化体育館)

 王者・井上尚弥(24)=大橋=が3回1分40秒TKOで同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)に圧勝し、7度目の防衛に成功した。リングサイドでテレビ解説を務めたWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は「相手がどれだけ研究しても当ててしまう。別格ですね」と王者を褒めたたえた。

 圧倒的なパンチの威力については「技術うんぬんじゃなく持って生まれたもの。同じようにボクシングをやっても、彼のようにはできない。天賦の才ですね」と驚嘆。今後のバンタム級への転向については「彼にとっては誰が対戦してくれるかも問題になる。この実力なので、無限に可能性を広げて欲しい」とエールを送った。

 また、ロンドン五輪を共に戦った清水聡(大橋)の東洋太平洋フェザー級王座初防衛戦に関しては「本人が納得いってないようなので、また頑張ってほしい」と、快勝できなかった悔しさをおもんばかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス