文字サイズ

元ノア練習生エドワーズが外国人初GHC奪取!丸藤が挑戦名乗り

ベルトを奪取したエディ・エドワーズ=後楽園ホール
中嶋勝彦(左)にトペスイシーダを決めるエディ・エドワーズ
丸藤正道(左)の挑戦を受諾するエディ・エドワーズ=後楽園ホール
3枚3枚

 「プロレス・ノア」(26日、東京・後楽園ホール)

 GHCヘビー級選手権試合が行われ、挑戦者のエディ・エドワーズが王者・中嶋勝彦の8度目の防衛を阻み、外国人初の同王座奪取に成功した。

 エドワーズはトペ、コーナー最上段からのプランチャなどの空中殺法だけでなく、リング上から脳天砕きで場外へたたき落とす荒技も見せ、中嶋の重いキックに切れ味鋭いチョップで応戦するなど気迫の攻めを展開。エプロンサイドでの投げっぱなし原爆、垂直落下式脳天砕きヴァーティカルスパイクなどをあびて何度もピンチに陥ったが、最後は自身の得意技ダイハード(変形フィッシャーマンバスター)の形で持ち上げ、尊敬するという故三沢光晴の得意技エメラルドフロウジョンの形で落とす新技ダイハードフロウジョンでトドメを刺した。

 元ノアの練習生だったエドワーズは「夢だった」というベルトを手にして、リング上で喜び爆発。だが、そこに丸藤正道が現れ、「お前が12年前にノアの留学生として来て、そのベルトを取ったというのはオレも感慨深い。そして、あの中嶋勝彦に勝ったことにも驚いた」と勝利をたたえると、「でもな、それはノアの象徴なんだ。海外に持っていかれるとちょっと困っちまう。だから次、オレが挑戦する」と要求した。エドワーズは丸藤の握手の求めに応じると「丸藤さん、オクトーバー(10月)、よろしくお願いします」と、その場で受諾した。

 エドワーズはインタビューでも感無量。「何度も言っているように、このベルトは自分にとって夢だった。この言葉もずっと言っているが、『A.I.P(Anything is possible)』(不可能なことは何もないの意味)、その言葉を証明できた。このベルトを取ったことは、私にとって1つのステップに過ぎない。これからドンドン防衛していきたいし、どんな相手でも、どこでもいい。ノアを背負って、ノアを代表する気持ちでこのベルトをかけていきたい」と意気込みを示した。

 ダイハードフロウジョンを用いた理由は「三沢さんはすごく自分にとって意味のある人。人間としても成長させてくれた人。三沢さんに敬意を表しました」と説明。さらに、涙が流れていることを問われると、「勝った後は感情的になってしまう。過去に仲がよかった選手が亡くなったこともあるので、いろんな思いがこみ上げてきている。バイソン・スミス選手がいてくれたらなって」と、かつてノアで活躍し、11年に急死した友に思いをはせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス