文字サイズ

ボクシング今永、荒本が7冠達成 全国高校総体第14日

 全国高校総体(インターハイ)第14日は10日、福島県のあいづ総合体育館などで7競技が行われ、ボクシングは各階級の決勝があり、ライト級の今永虎雅とウエルター級の荒本一成(ともに奈良・王寺工)がそろって3度目の優勝を飾り、1年時からの国体、全国高校選抜大会と合わせて高校7冠を達成した。バンタム級は堤駿斗(千葉・習志野高)が制した。

 柔道男子90キロ級は村尾三四郎(神奈川・桐蔭学園)が優勝した。81キロ級は奥田将人(京都学園)が制し、100キロ級は梅野雅崇(埼玉栄)、100キロ超級は中野寛太(奈良・天理)が勝った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス