文字サイズ

還暦迎える大仁田が引退報告「今回は本当に本当に本当です」

引退報告のためデイリースポーツ東京本部を訪れ桐山徹常務取締役(右)とポーズを決める大仁田厚
デイリースポーツの桐山徹常務取締役(右)とガッチリ握手する大仁田厚
引退について話す大仁田厚=デイリースポーツ東京本部
3枚3枚

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(59)が1日、東京・木場のデイリースポーツを訪れ、桐山徹常務取締役らに10月25日に還暦となる今年限りで引退することを報告した。

 過去に6度の引退と復帰を繰り返している大仁田は「今回は本当に本当に本当です」と、“最後の引退”であることを力説。「またお待ちしていますよ」と水を向けられても、苦笑しながら「本当に今回でやめます」と乗ることはなく、合計15回も「引退」を口にして決意の固さを示した。

 引退試合は12月ごろに電流爆破マッチで行う意向。94年の天龍源一郎戦で5万2000人の観客を動員するなど名勝負を繰り広げた“聖地”ともいえる川崎球場(現・富士通スタジアム川崎)での開催を希望しているが交渉は難航しており、「無理なら横浜に持って行こうと思う。6千人ぐらい入るところがある」と話した。引退までに海外での試合も計画しているという。

 また、弟で大東文化大教授の松原孝明氏が大の阪神ファンとのことで、最後にデイリースポーツの阪神関連グッズを手渡されると「喜ぶと思います」と、笑みを浮かべて本社を後にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス