文字サイズ

美女ボクサー好川4・29世界初挑戦

コンディショニングアドバイザーを務める和泉修(左)と対戦相手の写真を手に拳を握る好川菜々
1枚拡大

 美女ボクサーで元東洋太平洋女子ライトフライ級王者・好川菜々(36)=堺東ミツキ=が9日、堺市内で会見し、WBA世界ミニマム級王者・アナベル・オルティス(28)=メキシコ=を相手に世界初挑戦(4月29日、堺市産業振興センター)することを発表。天国の父と、愛する新婚の夫のため世界ベルト奪取を誓った。

 昨年11月、「1番心配してくれた」という父・隆三さん(享年67)が、がんのため他界。最後に交わした「頑張りや」の言葉は今も心に残っている。

 そして、うつ病と闘いながらも好川を支えたのが、個人マネジャーの野上真司氏(39)。すでに結婚生活を始めており「夫婦でチャンプになる」と、入籍予定の7月7日(ななの日)に世界王者として花を添える。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス