文字サイズ

井上京&堀田 女子17年ぶり電流爆破

 堀田祐美子(左)と電流爆破の餌食となる井上京子
1枚拡大

 「ディアナ」(23日、川崎市体育館)

 女子では17年ぶりの電流爆破マッチが行われ、井上京子(45)が堀田祐美子(47)との因縁対決を制した。

 改修のため27日に閉館となる川崎市体育館で、爆音が鳴り響いた。両者2発ずつ被弾した12分過ぎ、つかみ合いながらともに被弾して大の字に。意地で起き上がった井上京がカバーし、3カウントが入った。これまで遺恨のあった2人だが、試合後は抱擁し、互いを認め合った。

 17年前、電流爆破戦で引退した工藤めぐみさんが立会人を務め、この試合を容認した大仁田も「女子の枠を超えてよくやった」と、ねぎらった。

 背中に痛々しい傷が残る井上京は、「女子プロレス、まだまだ死んでねーぞ!!」と絶叫。“女子プロの聖地”58年の歴史に別れを告げた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス