文字サイズ

【金本知憲氏×新井貴浩氏対談3】若い捕手はベンチにアピールしよるんよ

 デイリースポーツ評論家で前阪神監督・金本知憲氏(51)、昨季限りで現役を引退した新井貴浩氏(42)がスペシャルトーク。野球に対する考え方、取り組み方を語った。以下は対談その3。

 ◇  ◇

 -新井氏が現役時代の金本氏を見ていて印象に残っている言葉は?

 新井「タイガースで一緒にやっているときに、金本さんが『俺はキャッチャーがいきなり若手とかになったらイヤだ』と言ってた。それがカープに帰ったらすごく分かった。だから若手になったら結構、インサイドを待ってた(笑)」

 金本「よう言うとったやろ?若いキャッチャーになるとインサイドに来るって。ベンチにアピールしよるんよ。インコース使ってる、攻めているとベンチに褒められるから。特にホームランとか打った次の打席は絶対に、インサイド来るから。ベンチも言うんよな。行け行けって。僕はそれを正座して待っとるから。いらっしゃいませ~って(笑)」

 新井「だから去年とかタイガースと対戦していて、梅ちゃんとかは結構、インサイドとか来ていたんだけど、去年くらいからインサイドに行くぞ行くぞと見せかけて、アウトコースに来ることが多かった。だからバッターボックスの中で『あれっ!?』て感じた。これはいつもだったらインサイドに来るだろうというところで、アウトコース、アウトコースとか。それも経験なんでしょうね。キャッチャーって。今年なんか上手になったと思いますよね」

 金本「最初は訳も分からずインサイドを使って、そこから怖さを知ってね。去年までの2年間、あいつは本当にインコースを使わなかった。だから『インサイドに行って、打たれて覚えなさい。使いなさい』って。とにかく外一辺倒だったから。必ず大連打を食らって止まらなくなる。一度、巨人の右バッターにライトスタンドへ3本くらい放り込まれたことがあった。思いっきり踏み込まれてな」

 新井「右バッターにですか?」

 金本「そう。左ピッチャーでも右打者のインサイドに要求できない。もちろん左打者にも投げさせられない。『インサイドはスライダーでもいいですか?』って。真っすぐのインサイドをすごく怖がっていたんよね」

 新井「梅野本人が得意なんですかね?インサイド打つのがうまいから?」

 金本「でも梅野にインサイドを攻められたらイヤだろ?って聞いたら『インサイドはイヤですね』って。だったら同じことやでって。神宮でヤクルトのバッターに対しての配球を色づけしたんよ。そのチャート表を見せながら、外ばっかりだったらバッターは楽だろ?って言った。梅野は『そうですね。これ踏み込まれたら逆方向に持って行かれますね』って。じゃあそれはキャッチャーとしてやったらいかんよと。この色がバラバラになるように、半々くらいになるようにしないとバッターは迷ってくれないよって。そこに変化球を交ぜたり、配球を覚えていけばいい。俺がバッターやったらお前みたいなキャッチャーが一番、楽やでって」

 新井「インサイドを捨てて外だけ待っておけばいいですもんね」

 -金本氏が監督時代の16年ドラフトで糸原を指名するまで、阪神は10年以上も大卒・社会人経由の選手を回避していた。

 金本「そうなんだ?言われてみればそうやったかもな」

 新井「昔で言ったら沖原さんもそうですよね?いい味出していましたもんね。社会人出身の選手は野球をよく知っていますよね。でも近本君は真っすぐに強そうですね」

 金本「今年の新人2人に関してはね。木浪も対処してるわな。インサイドにも対応しているし」

 新井「あの2人の存在はでかいですよね。去年まで試合に出れていた中谷、北條とかも試合に出れなくなる。あの2人がハマっているから。それがチームの活性化につながるんですよね。中でも近本君は大きいですよね。待ちに待った1番・センターですもんね」

 金本「盗塁できるからね」

 新井「打てなくても1番・センターでオーダー表に書いておけばいいんですよね。打たなくなったから、調子が悪くなったから外すような選手ではない。相手からしたらイヤですよ。エラーでも四球でもとにかく出塁されたらイヤですから」

 金本「内野安打も多いよな」

 新井「本当に待ちに待った選手ですよ。それですごく賢いですね。視野が広い。大学、社会人でやっているだけありますよね」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      対談最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス