文字サイズ

ドリフ「第5の男」高木ブーは健在!加入55周年 ウクレレ奏者としてハワイライブも

 ギター仕様の白いウクレレを笑顔で奏でる高木ブー=都内
「ブルーノート・ハワイ」でダブルネックのウクレレを演奏しながら歌う高木ブー(19年2月11日)
記者所有のウクレレにいただいた高木ブーのサイン。「ドリフターズ 高木ブー」と書かれている
3枚3枚

 ザ・ドリフターズの現役メンバー最年長である高木ブーは今年3月で86歳になった。「8時だョ!全員集合」や「ドリフ大爆笑」でお茶の間に笑いを届けてきたが、実は手練(だ)れのミュージシャン。日本を代表するウクレレ奏者の一人として国内外のファンに歌と演奏を届けている。

 今年2月に老舗ジャズクラブ「ブルーノート・ハワイ」で日本人ミュージシャン最高齢となる初ライブを行った。サザンオールスターズの関口和之がプロデュースするイベント「ウクレレピクニック・イン・ハワイ」の一環として企画され、高木はハワイの人気バンドと共に出演。自作の「ブルーメモリー」など8曲を披露した。

 中学3年時からウクレレ歴は約70年。「ウクレレをやっていたことで、僕は今、ここにいられるのかなと自負しています」。1990年代後半からアルバムを次々にリリース。吉田拓郎やホフディランなど世代を超えたミュージシャン、モーニング娘。や、ももいろクローバーZなどアイドルともコラボした。

 中央大学卒業後にプロのバンドマンとなり、東京五輪が開催された64年にドリフターズ加入。今年で55周年だ。緑色コスチュームの“雷様”は、ウクレレ奏者、そして舞台俳優と多才な人である。

 85年に東京・渋谷の小劇場「ジァン・ジァン」で高木と女優の2人芝居を観たと伝えると、「えっ、観てたの!?別役実さんの芝居でね。ジァン・ジァンでは2~3本やったかな」と振り返る。「全員集合が終わって、みんな好きなことやっていいよってことになって。藤田まことさん主演のミュージカル『その男、ジルバ』にも出てね。脇役が楽しかった。役者としてその気になったのは事実」。そんな時期もあった。

 ドリフターズでは「第5の男」を自認。「各グループで必ず最後に来るポジションがある。そこがしっかりするか、しないかだよね」。さらにドリフを語った。「ある時期は家族より長く一緒にいた。いかりや(長介)は僕より2つ上で、仲本(工事)と加藤(茶)は10歳くらい下、志村(けん)に至っては20歳近く下。年齢も違うし、個性も違った。アクの強い、いかりやがいて、その下に4人。この形は今やろうとしてもできないもんね」

 加藤、仲本と組む「こぶ茶バンド」は「ずっとやりますよ」という。毎年9月に香川県小豆島で開催されている野外音楽イベント「島フェス」に近年、ソロで参加しており、今年も出演が決定した。2月には自身の公式インスタグラム(@bootakagi85)を開設してライブ情報も発信。「体が続く限り、いろいろと動いた方がいい。面白いですよ」と人生を楽しむ。

 所有するウクレレは約100本。「高いとか安いとか値段じゃない。新しい形のもの、面白い形のものを買う」。白いギター仕様のウクレレをいとおしそうにつま弾く。1950年代からミュージシャンだった「ブーさん」の現役感は健在だ。(デイリースポーツ・北村泰介)

 ◆高木ブー(たかぎ・ぶー)1933年3月8日生まれ、東京出身。本名・高木友之助。「ブー」の命名者はハナ肇さん。ドリフのコントでは「雷様」が当たり役に。ソロの音楽活動では「LET IT BOO」などCDアルバムを多数リリースし、最新作は15年発売のベスト盤「「Life is Boo-tiful!」。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    あの人~ネクストステージ最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス