文字サイズ

【窪谷日奈子医師】2回目の白内障手術は「できない」ではなく「必要ない」

白内障手術の再手術は必要ないようです(zsv3207/stock.adobe.com)
1枚拡大

 白内障の手術を受けたのに、もう1度白内障になったという話を耳にしたことはありませんか?患者さんから「せっかく手術してもまた白内障になるって本当ですか」「白内障は2回目の手術はできないらしいですね」と聞かれることがよくあります。2回目におこる白内障についてお話させていただきます。

 白内障は目の中にあるレンズが年齢の変化で白く濁る病気で、どんな方にも必ずおこります。白内障手術では濁ったレンズを取り除き、代わりに透明な人工のレンズを入れてあげます。人工のレンズは経年劣化で変質したりすることはありませんが、レンズを入れている透明な袋は体の成分が付着して徐々に汚れてくることがあります。この袋の汚れが「2回目に起こる白内障(後発白内障)」と呼ばれているものです。

 後発白内障がおこると、白内障と似たような症状が出てきます。白くかすんでまぶしい見え方になってしまうので、「手術をしたのにまた白内障になってしまった」と思われる方が多いようですね。ですがこの後発白内障は最初の白内障と違い、手術室で手術をする必要はありません。外来でレーザーの光を当て、袋の汚れを飛ばすことができます。レーザーを当てる時は特に痛みはありませんし、時間も10分以内に終わり保険適応があります。見えにくくなってきたと感じたら我慢せず、ぜひ眼科で相談していただきたいところです。

 ちなみに人工のレンズのお掃除は、1度しておけばほとんどの方は2回目の濁りが出ることはありません。汚れる場所自体をレーザーで飛ばしているので、濁る場所自体が無くなっているからです。冒頭の「2回目の手術はできないらしい」という噂は、正確にいうと「2回目の手術は必要ない」が正解になります。

 では早めにレーザーをしておいたほうがいいのかというと、実はそんなこともありません。ほとんど汚れていない状態でレーザーを当てても、見え方は変わらないのでご満足いただけないと思いますし、レーザーにも色々な合併症がありデメリットの方が大きくなってしまいます。実際にレーザー治療が必要な汚れがあるかどうかは、視力検査をし実際診察でレンズを見れば判断できますのでぜひ1度受診してみてください。

 後発白内障になる時期は個人差が大きく、人によっては手術のあと2~3カ月で出現することもあれば、何年もたってから出るかたもいます。逆にまったく起こらない方もいらっしゃいます。白内障手術が終わってよく見えるようになると、「もう眼科は卒業だ!」と来院されなくなる方がいらっしゃいますが、レンズの袋が汚れていないかは定期的にチェックを受けていただけたらと思います。

 ◆窪谷日奈子(くぼたに・ひなこ)医療法人社団吉徳会・あさぎり病院・眼科医長。眼科専門医。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ドクター備忘録最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス