文字サイズ

広島名手・菊池 ゲーム左右する好守 

10日、3回ヤクルト無死、畠山和洋のセンター前へ抜けるかという打球に追いつき、素早く一塁へ送球する広島・菊池涼介=神宮球場(撮影・開出牧)
3枚

 さすが3年連続ゴールデングラブ賞である。試合の流れを左右するファインプレーだった。

 広島・菊池涼介内野手(26)が10日、ヤクルト戦(神宮球場)の三回、先頭打者の畠山が放ったセンター前へ抜けるかという打球に追いつき、素早く一塁へ送球しアウトにした。

 写真で分かるように、送球後に外野側に体が倒れている。センターに抜ける打球を捕球してから体勢を立て直さず投げているからだ。ワンテンポでも遅れれば、内野安打になっていただろう。

 直後に次打者の鵜久森が中越え三塁打を放っている。畠山をアウトにしていなければ追加点を奪われていた。立ち上がり不安定だった先発のジョンソンを助けるファインプレーだった。

 四回に丸、松山の一発攻勢で同点に追いつき、スタンドのカープファンは大興奮。球場の雰囲気と試合の流れが一気に広島に傾いた。

 七回に自ら勝ち越しタイムリーを放った菊池だが、三回のファインプレーがあったからこその“決勝打”である。(写真と文=デイリースポーツ・開出牧)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カメラマン発最新ニュース

      もっとみる

      ランキング

      主要ニュース

      リアルタイムランキング

      写真

      話題の写真ランキング

      注目トピックス