文字サイズ

【野球】阪神の和製4番は大山か佐藤輝か 過去成績から見えてくるのは

 近未来の阪神4番は大山か、佐藤輝か。生え抜きの和製4番は球団数十年来の悲願でもあり、寅年の今年は特に注目したい。

 昨シーズン主に4番を務めたのは大山だ。しかし終盤、故障と不調でスタメンを外れるなど、4番として不本意なシーズンとなった。チームとしても2021年はヤクルトとゲーム差なしの2位だったが、121本塁打、517打点はともにリーグ5位。4番の浮沈がペナントの行方を左右するのは言うまでもない。

 大山が出場100試合を超えた18年以降の先発打順別打撃成績は以下の通りだ。

打順  試合  打数  安打 HR 打点 打率

▽21年

4番  93 352  86 17 56 .244

5番  10  37  10  0  2 .270

6番  15  55  16  2  5 .291

7番   4  15   8  2  8 .533

▽20年

1番   2   7   0  0  0 .000

3番   2   6   1  0  0 .167

4番  65 252  73 15 50 .290

5番  39 147  43 12 34 .293

6番   1   4   2  0  0 .500

▽19年

3番   1   2   0  0  0 .000

4番 108 435 112 12 61 .257

5番   3   9   2  0  3 .222

6番  16  58  17  1  8 .293

7番   7  25   7  0  3 .280

▽18年

2番   2   7   3  1  2 .429

3番  14  63  22  5 15 .349

4番  12  47  13  0  5 .277

5番   5  17   2  0  1 .118

6番  26  97  29  5 18 .299

7番  18  63  16  0  6 .254

8番   4  15   2  0  0 .133

 4番起用が圧倒的に多く本塁打数も突出している。一方で打率は全体的に5~7番の方が高く、マークの厳しい4番という立場で結果を残すことの難しさを物語っている。名実ともチームの柱となる大山は、いかに重圧をはねのけるかがカギとなりそうだ。

 一方、以下は佐藤輝の昨年先発打順別成績だ。

▽21年

4番  11  42  12  2 12 .286

5番  37 142  35  8 18 .246

6番  46 173  47 13 30 .272

7番  17  51   6  1  4 .118

 佐藤輝は試合数が少ないものの、4番の時に最も高い打率を残している。12打点も、他の打順と比べ高確率。ルーキーイヤーでがむしゃらに打席に立った結果かもしれないが、4番のプレッシャーに負けない成績は将来の可能性を示している。

 しかし内角攻めに苦しんだ後半戦はセ・リーグのワースト記録となる59打席連続無安打など絶不調もあった。この経験を糧に、2年目は対応力アップを期待したい。(デイリースポーツ記録室)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス