文字サイズ

【野球】矢野阪神首位快走の理由 打者編 合い言葉「事を起こせ」が浸透

 阪神は交流戦を前に28勝12敗2分けで首位を快走中だ。今回は「打者編」と題し、ここまでの打撃面を振り返る。20日現在で各部門の成績は以下の通り。

 打率・259(リーグ2位)

 191得点(リーグ1位)

 355安打(リーグ2位)

 45本塁打(リーグ2位)

 181打点(リーグ1位)

 30犠打(リーグ2位)

 14犠飛(リーグ1位)

 開幕から絶好調の矢野タイガースを支えている活発な攻撃陣。上記の通り各部門でリーグ上位の成績が並ぶ。

 また、今年の猛虎を象徴するのは勝利を決める好機での一打。北川打撃コーチの合言葉「事を起こせ」が一人一人に浸透している。例えば、得点圏打率はリーグ1位~4位まで阪神が独占している。

 1位・梅野(・519)

 2位・マルテ(・375)

 3位・佐藤輝(・326)

 4位・サンズ(・318)

 北川コーチは「みんな一人一人が役割をしっかり果たしてくれているというところが大きいかなと思いますし、積極的に振りにいってくれているから結果がいいのかなと思っています。キャンプの時から今年は1点でも多く、取れる時にしっかり取るということを監督も言っていたので。それを選手が忠実にやってくれているというか、そこが一番だと思っています」と好調の要因を分析していた。

 さらに、打線が本当に太い“線”になっていることも大きいだろう。開幕から不振が続いた近本を支えたのは2番の糸原。プロの洗礼を浴びて苦しんでいた佐藤輝を支えたのは、後ろを打つ7番の梅野だった。糸原と大山が故障離脱した後は近本と佐藤輝が奮起。打順が固定されていることに加えて、苦しい時も互いでカバーし合えているからこそ、線が途切れることはない。

 背中の張りで2軍調整中の大山が、交流戦の初戦となる25日・ロッテ戦(甲子園)にも1軍復帰する見通し。DH制が採用されるビジターゲームでは3番からマルテ、大山、サンズ、佐藤輝が並び、7番に糸井や陽川、ロハスが入る超重量打線を組むことができる。

 矢野監督は「全員で戦うのが僕たちの野球です」と話す。16年ぶりのリーグ優勝、そして36年ぶりの日本一へ。猛者たちが集うパ・リーグとの戦いが今後を大きく左右する。攻撃陣がパの投手陣も打ち破れば、その先にVロードが見えてくる。(デイリースポーツ・中野雄太)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス